1. >
  2. >
  3. オープンカーはソフトトップとハードトップのどちらがいい?

オープンカーはソフトトップとハードトップのどちらがいい?

オープンカー

今では人気のソフトトップはハードトップと何が違う?

オープンカーを購入する場合、自動車販売店のスタッフにソフトトップにするか、それともハードトップにするかと聞かれることもあるのですが、トップというのは屋根を意味しています。

ハードは硬い、ソフトは柔らかいを意味していますので、ハードトップは硬い屋根、ソフトトップは柔らかい屋根となるのです。
このような意味合いになっているので、人によっては、ハードトップを選択しないのはもったいないという人もいるのですが、ソフトトップには以下のような要素が含まれるので、安易にハードトップを選ぶのは良くありません。

ソフトトップの場合、好きな形状の屋根にすることも可能となっており、尚且つ、オープンカーで良く見かけるトップの1種なのです。
ではどうしてハードトップのオープンカーもあるのかというと、こちらは構造上の問題点を改善する意味合いで付けられています。

例えば、スポーツカータイプのオープンカーは安全性が重要で、剛性を上げる場合は、ハードトップを選択したほうが良いのですよね。
そのため、ハードトップ、ソフトトップという違いがあるのです。

これは現在も同じ状況となっているため、ハードトップのオープンカー、ソフトトップのオープンカーが売られているのです。

トップによるメリット、デメリット

ハードトップとソフトトップを比較すると、ハードトップよりソフトトップのほうがデメリットが多いです。

というのも、ソフトトップはオープンカーのものであっても、基本的に破けやすい、変色しやすい、材質そのものが丈夫ではない、価格が高い・・・といった問題があるからなんですよね。
このことを知らずにソフトトップを選択する人もいるので、丁度良いトップを選びたいのであれば、ハードトップを選択したほうが良いでしょう。

ソフトトップにはメリットが無いのかというと、実はそうでもありません。
まずオープンカーに備え付けられているトップというのは、今でも雨漏りの問題が指摘されます。

これは国産車、外国車のどちらも同じような状況となっているため、オープンカーはソフトトップのほうが良いという人もいるのです。
ソフトトップは密着性が高く、近年のものは雨漏り対策前提のソフトトップも増えてきました。

しかもソフトトップは交換が容易いというメリットもあるので、ハードトップより気に入っている人もおられるのです。
ちなみに、電動部分が備え付けられているのはハードトップ、ソフトトップともに同じです。

インターネット上では稀に、ソフトトップには電動部分が無いという情報も見つかりますが、このような問題はほとんど見られなくなっていますので、安心して購入できるようになっています。

ー参照記事一覧ー
ハードトップ、ソフトトップの違い参照:憧れのオープンカー。ソフトトップの良さとは?どんなデメリットがあるのか?