1. >
  2. >
  3. 水没車は乾いてもエンジン始動はNG!正しい対応策について

水没車は乾いてもエンジン始動はNG!正しい対応策について

エンジン

水没車はエンジンをかけてはいけない

車が水没した場合でも、完全にエンジンがかからなくなるというわけではありません。

そのため、水没車のエンジンを動かしてしまう人もいるのですが、今では、このような行為は危険であると言われることが増えてきました。
なぜエンジンをかけてはいけないのかというと、エンジンの性質として、吸気系からシリンダー内に水を吸ってしまうからです。

これにより、本当に自動車のエンジンが壊れることもありますので、水没車はエンジンをかけてはいけないと言われているのですね。
自動車の電気系統で漏電が発生することもありますし、こちらが転じて火災が発生する可能性もあるのですよね。

そのため、水没車に関してはエンジンを動かさないほうが安全と、このように覚えておくと安全でしょう。
このような注意については、国土交通省でも確認できるようになっています。

国土交通省では、「浸水、冠水の被害を受けた車両のユーザーの方」に対して、「水に浸かってしまった車は、外観上で問題が無さそうに見えたとしても、触った瞬間に感電するケース、電気系統のショート等が起きて、その後は車両火災が発生することもある」と案内しています。

水没車のエンジン以外のNGな行為、注意点

意外と多くの人がやってしまうNGな行為に、長時間の放置があります。

ですが水没車は、水没している状態を脱したのであれば、自動車修理工場などで点検を受けたほうが良いでしょう。
これは安全に動かすために点検するという目的だけでなく、どの程度の被害を受けているのかを明確にするためです。
長時間放置されていると、水の影響で段々とエンジン周りが傷んでいきます。
注意点として、水没車のエンジンだけでなく、バッテリーの周りについても触らないようにしてください。
また水害などで水没、冠水被害にあった場合、車両保険に入っていればこういった修理の際に補償を受けることができます。

<車両保険の対象となるケース>
・自動車が盗難被害にあった
・走行中、ガードレールに車体をこすってしまった
・台風や洪水、火災などで被害に遭った
【引用】https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/

相手がいない事故の損害に対しても車両保険であれば費用が支払われるので、不安な方は予め自動車保険と併せて加入しておくとよいでしょう。

近年ではHV(ハイブリッド)車が売れているため、高電圧のバッテリーを搭載している車種も増えてきました。
触ってしまうと感電する恐れもありますし、バッテリー付近の機器を傷めてしまうこともあるので、自動車修理工場のスタッフのように、自動車に触り慣れていない人は触らないほうが安全なんですね。
これらのパーツをうかつに触ってしまうと、複数の機器、ケーブルなどを修復しないといけない・・・、このような二次被害が発生することもあります。
水没車は100%動かなくなると決まっているわけではありませんので、このようなトラブルを起こさないように注意してください。

どうしても水没車の掃除などをしたいという場合、水に濡れてしまっているシート、ハンドルを拭く程度に留めましょう。
ハンドルについても、簡単な操作で位置調整できるようになっているので、拭きやすい角度にしてから拭くと良いです。