1. >
  2. >
  3. 車のキーが作動しなくなった時の対処方法とは?

車のキーが作動しなくなった時の対処方法とは?

車のドア

主に考えられる原因

キーが動作しなくなるのは、電気的な問題、もしくは消耗品としての寿命を終えているので、動作しなくなるという原因があります。

自動車のキーが消耗品であることを知らない人は意外と多いです。
また、どのようにしてキーが動作しなくなるのかというと、主にキーが上手くはまらない状態、もしくは、ガリッという音が聞こえるようになって、キーを上手く回せなくなるトラブルなどがあるのですよね。

このようなトラブルが起きてしまう原因は、キーそのものがダメになっている、もしくはキーシリンダーがダメになっているケースを想定しましょう。
ちなみに、このような時にやってはいけないことはというと、無理矢理キーを回そうとする行為です。

キーそのものの摩擦によって、シリンダーヘッドが傷んでしまう、キーそのものをはめ込むことができなくなる・・・、このような二次被害が出てしまうこともあるので注意してくださいね。
それと、シンプルにメンテナンス不足によって、電気系統の故障が見られるようになることもあります。

このようなトラブルが起きてしまう場合は、自動車用の潤滑剤を使用して、キーが動作しなくなる問題を回避すると良いでしょう。
もしこのような対処を取っても改善しない場合は、自動車修理を依頼したほうが良いです。

可能性としては小さいのですが、キーシリンダーに取り付けられているハーネスの故障も考えられるのですが、ハーネスの修理は素人では不可能と言われているので、安易にキーシリンダーの奥に手を入れるのは良くありません。

スマートキーシステムの故障も確認する

ハイブリッド車、もしくはEV車の購入者数が増え続けているため、スマートキーシステムを利用する人も増えてきました。

スマートキーシステムというと、従来のキーよりも高性能と思われている人もいますが、以下のような問題によって、キーが動作しなくなるというトラブルが起きてしまうこともあります。
まず、自動車が半ドアになっている場合は、ドライブモニターにランプが点いていないかチェックしてみましょう。

半ドアになっている場合、ドアのアイコンが点くようになっているのですが、ひっそりと点いていることが多いので、焦っていると見失ってしまうことがあります。
半ドアは運転席だけでなく、助手席、リア、バックドアもしっかり閉まっているか確認してみると良いでしょうね。

それと、バッテリーがあがっているかどうかもチェックしたほうが良いです。
スマートキーシステムはメカニカルキーと同じで、バッテリーあがりが確認されている場合は、キーが動作しなくなるように設計されています。

ヘッドライトの消し忘れによって、このような問題が起きることもあるので注意してください。