1. >
  2. >
  3. 車のヘッドライトが暗くなった時の対処方法について

車のヘッドライトが暗くなった時の対処方法について

ヘッドライト

劣化によってヘッドライトは暗くなる

定期的に自動車メンテナンスを行っていても、ヘッドライトであり、バルブに異常が見られることがあります。

このような問題は、ヘッドライトが暗くなる問題とされているのですが、以下のような理由が積み重なった結果で、ヘッドライトが暗くなるようになっていくのですね。
まずヘッドライトカバーを確認する必要があるのですが、単純に経年劣化によりヘッドライトカバーが汚れている可能性があります。

ヘッドライトカバーが汚れている場合、ヘッドライトの光も曇ってしまい、こちらの理由によって、ヘッドライトが暗くなる問題が起きてしまうのです。
状態によっては、ヘッドライトカバーを拭くだけで対処可能ということもあるので、大げさな問題ではないとされることが多いですね。

その他の理由では、ヘッドライトの光軸が狂っている可能性も出てきます。
中古車として購入されている場合、1~3年ほどでこのような問題が起きることもありますよ。

ヘッドライトの光には向きが設定されているのですが、この向きのことを光軸と言うのです。
光軸が狂っていると、ヘッドライトが暗く感じられるようになりますし、断続的に消えたり点いたりしているようにも感じます。

光軸が狂う原因は、ヘッドライト(純正品)ではなく、ヘッドライト(社外品)を用いているからかもしれませんね。
なので中古車を購入した場合は、ヘッドライトの光軸も確認しておいたほうが良いです。

簡単な方法でヘッドライトの問題に対処できる

ヘッドライトが暗くなる理由を突き止めた場合、以下のような方法で対処してみると良いでしょう。

まず純正HIDバルブに交換するようにします。
純正HIDバルブにはD2RやD2S、D4RやD4Sというような規格が用意されているので、現在のバルブを確認すると、どのバルブに交換すれば良いのか、こちらをスムーズに確認できます。

次にヘッドライトのレンズを磨くようにしましょう。
ヘッドライトが暗くなる理由の中には、経年劣化によりヘッドライト内部に曇りが発生している、このような問題もあるのです。

ポイントとして、力を入れて磨くようなことだけは決してしないでください。
というのも、汚れはそれほど頑固ではないからです。

ヘッドライトが暗くなっている部分を磨く際も、必ず市販のレンズクリーナー、もしくはプロの研磨サービスを利用したほうが良いでしょう。
レンズクリーナー無しでも汚れを落とすことはできるのですが、完全に汚れを落とすのは大変なんですね。

どうしてプロの研磨サービスもオススメしているのかというと、それは、プロであればアフターフォロー・メンテナンスもバッチリだからです。
例えば、ヘッドライトカバーそのものが破損している場合は、しっかりと破損も修復してくれますし、運転中にヘッドライトカバーが傷むレベルの場合は、交換の有無について相談してくれるのです。

ー参照記事一覧ー
車のヘッドライトが暗い原因と対策参照:車のヘッドライトが暗い原因と対策|車検や修理の情報満載グーピット(GooPit)