1. >
  2. >
  3. 意外と知らないドライブ中に守るべきマナーとは?

意外と知らないドライブ中に守るべきマナーとは?

ハザード

状況によって注意点が変化する

ハザードランプに関するマナーとなりますが、ハザードランプの存在意義は、状況の変化を周囲の車に知らせるためです。

そのため、渋滞時にハザードランプを点滅させる行為は、渋滞が始まるので点滅させる、もしくは周囲の車に渋滞が起きていることを知らせるといった、このようなマナーの上で点滅させたほうが良いでしょうね。
ハザードランプに関するマナーの基本となりますが、一度ハザードランプを点滅させた際は、簡単に消さないようにしましょう。

周囲の車が状況の変化に気づけなくなるだけでなく、問題などが緩和した・・・と判断されることもあります。
また、ハザードランプを点滅させている場合は、急停車などを行って良いというわけではありませんので、このようなことにも注意してください。

状況によっては、駐車場でハザードランプを点滅させることもあるでしょう。
このような時のハザードランプに関するマナーは、今から駐車をします・・・という案内で使用するようにしましょう。

ハザードランプ無しでも状況を理解できると思ってしまいますが、立体駐車場に近い空間内では、全体が把握できないほど薄暗いです。
そのためこのようなハザードランプが、ハザードランプに関するマナーとされていることが多いのですよね。

ハザードランプに関するマナーの中には、感謝の意思を知らせるハザードランプもあります。
道を譲ってもらえた時などにハザードランプを2、3回だけ点滅させる場合は、基本的に感謝を示している、もしくはハザードランプに関するマナーを良く理解している人物と思って問題ありません。

迷惑行為につながらないよう対処するのが最善

相手のドライバーに対して、こちら側の意思を強く表示したい場合、パッシングに関するマナーを知っておいたほうが良いでしょう。

具体的には、相手のドライバーに対して左折、右折を促すようなシーンであれば、パッシングを行ってもパッシングに関するマナーとしては正しいのです。
相手のドライバーは、先に曲がっても良いということを理解できますし、これによって相手のドライバー側の道路で、渋滞が起きてしまうリスクを緩和できるかもしれませんね。

道路というのは、完全にシステムによって掌握されているわけではありません。
そのため時として道を譲る、お互いに意思表示をすることが大事になることもあります。

逆に、パッシングに関するマナーが不足している人物では、何度もパッシングする人もいますが、これでは因縁をつける行為と大きく変わりません。
パッシングに関するマナーとなりますが、何度もパッシングすると、相手を煽っている行為に相当するので注意しましょうね。

その他のパッシングに関するマナーでは、ライトが点けっぱなしになっているのを知らせるパッシングもあります。
点けっぱなしになっていると、バッテリーあがりにつながることもありますし、対向車線のドライバーが眩しい思いをするかもしれません。

事故に直結することは少ないのですが、このようなことに気づき対処できるようになると、パッシングに関するマナーを良く理解し、パッシングを使いこなせている人物になれるでしょう。