1. >
  2. >
  3. 意外と大変な車の窓拭き!拭きムラを残さない方法

意外と大変な車の窓拭き!拭きムラを残さない方法

光沢のある車

慣れるまで難しい車の窓拭き

自動車を洗浄する場合、コーティングされているボディを拭く場合はイライラすることが少ないのですが、窓拭きとされているウィンドウガラスを拭く場合は、イライラすることが多くなります。

なぜ窓拭きは大変なのかというと、キレイにしたつもりがそこそこしかキレイにならない、もしくは、落としたはずの汚れが少しずつ元の状態に戻っていくので、車の窓拭きは難しいとされているのですよね。
その他の難しさでは、ウィンドウガラスに取り付けられているワイパー、自動車のボンネットが邪魔になって、ウィンドウガラスの底部をキレイに拭くのが難しいということもあります。

また、どうして車の窓拭きを行っているのに、手垢のような汚れが残ってしまうのかというと、それは過剰に自動車用洗剤を使用されているからです。
洗浄で使用されているシャワーの水温によっては、自動車用洗剤がキレイに落とせずに残ることもありますので注意してくださいね。

その他の問題としては、油膜を意識しないで車の窓拭きを行ってしまうと、ほぼすべての油膜がウィンドウガラスに残ってしまうのです。
油膜が光に反射してしまうという場合、しっかりと専用ケミカルを使用したほうが良いでしょう。

新聞紙などで拭くと油膜を落とせる・・・という意見もありますが、新聞紙のザラザラしている部分でウィンドウガラスを傷めることもあるので、このような対処方法よりも専用ケミカルを使用したほうが良かったりします。

車の窓拭きはムラを意識したほうが良い

綺麗に窓を拭くポイントですが、ムラなくキレイにするを意識すると良いでしょう。

例えば、1回だけ車の窓拭きを行って、完全にキレイにするというのは良くありません。
小さな汚れなどが残ってしまいますし、力を入れて洗浄してしまうと、ウィンドウガラスが傷んでしまうからです。

車の窓拭きを行う際は、基本的な洗浄方法も理解して行ったほうが良いでしょう。
具体的には、いきなりカーシャンプーというのは良くなく、最初は自動車用スポンジも使用せずに、ホコリなどの汚れを水洗いのみで落とすようにします。

その後は放置しても問題無いので、乾くのをしっかりと待つようにしましょう。
ある程度で乾かした後は、スポンジで水滴を取り除くようにして、その後、カーシャンプーを使用してウィンドウガラスをキレイにします。

この時に守らないといけないことは、左右まとめてキレイにする・・・のではなく、左、右で分けてキレイにするようにします。
これによりムラなくキレイにすることが可能となり、自動車用洗剤を使用した際も泡がしっかりと発生するようになり、自動車を優しくしっかり洗浄できるようになるのですね。