1. >
  2. >
  3. ヘッドライトをハロゲンからLEDバルブに交換する際の注意点

ヘッドライトをハロゲンからLEDバルブに交換する際の注意点

ヘッドライト

意外と交換手順はシンプル

自動車のヘッドライトを、ハロゲンからLEDに変える際の交換手順ですが、以下のようにそれほど難しくはありませんよ。

まずはヘッドライトを外さないといけないので、ヘッドライトカバーを外し、その後はコネクタを外すようにします。
ヘッドライトカバーを外すと大きなコネクタを確認できるので、コネクタを外すまでは注意点などありません。

ただしダストカバーを外す、そしてバルブを取り付けているスプリングも外す際は、なるべく丁寧にこれらを取り扱うようにしましょうね。
間違っても力を入れて取り外すようなことをしてはいけません。

というのもダストカバー、バルブは脆いからです。
それと、ダストカバー、バルブを置かれる際は、別々に置くようにしてください。

形状が似ているため、特にダストカバーの一部を見失ってしまうこともあります。
そして、これらの作業を終えた後は、LEDのヘッドランプバルブを差し込むことで、LEDに変更するときの手順のほぼすべてが完了となるのですよね。

ヘッドライトをハロゲンからLEDに変える際ですが、面倒臭がらずに汚れも落としておくようにしましょう。
大きな汚れが付いているわけではありませんが、状態によっては油汚れなどが目立つこともありますし、ホコリなどが溜まっていることもあるのです。

デメリットを無くすためにも交換したほうが良い

ヘッドライトがハロゲンの場合、以下のようなデメリットに悩まされることも多くなります。

そもそもハロゲンの場合は光量が低いので、ヘッドライトをハロゲンからLEDに変えている人のほとんどは、光量不足を懸念して変えているわけです。
ハロゲンの場合、光量が高いものもあるのですが、遠くのものを上手に照らすことが上手ではありませんので、夜間走行時の不安感が減るというケースは少ないでしょう。

ただし、良く確認せずヘッドライトをハロゲンから、LEDに変えるのは良くありません。
というのもメジャー品、非メジャー品という違いがあるからです。

LEDを購入するのであれば、デメリットの少ないメジャー品を購入したほうが良いのですよね。
というのも、非メジャー品では光量が弱いだけでなく、いきなり故障してしまうことも多いからです。

それと古いタイプのLEDも購入しないほうが良いです。
デザインがほぼ同じとなっているため、新しいLED、古いLEDはどちらも同じ・・・と思ってしまいますが、光量だけでなく、ヘッドライトの熱量も考慮すると、耐久性の高い新しいLEDを購入したほうが、より遠くを照らせるLEDライトになるのです。

補足となりますが、新しいLEDほど白い光を放つようになっているので、パッケージのライトの色を確認すると、新しいものか古いものかを判別できます。