1. >
  2. >
  3. カスタマイズの定番「車の車高を下げる」ことにメリットはあるの?

カスタマイズの定番「車の車高を下げる」ことにメリットはあるの?

GTR

見た目、運動性能に大きく関わる

車高とは、自動車の開発時に定められている自動車の全高を主に言います。

車高を下げることをローダウンというのですが、ローダウンのメリットは、自動車の見た目、そして運動性能とされている旋回性能を良くできることなんですね。
通常の自動車運転であれば、ローダウンなんて必要ないと思ってしまいますが、近年の自動車開発では、ローダウンを意識しているものが増えてきました。

というのも、今ではスーパーカー、レーシングカーを開発している自動車メーカーが増えているからです。
実際のレースからフィードバックされたデータを元にして、ローダウンの自動車を開発したり、ローダウン用のカスタマイズパーツが開発されたりしているのですね。

その他のメリットでは、運動性能だけでなく、燃費性能も変わるのでローダウンしているという人も増えてきました。
これはスポーツカーではなくワゴンモデルの車両で増えています。

ワゴンモデルの場合、車高が高い状態のまま開発されているので、ローダウンの効き目は抜群なんですよね。
どのようにしてワゴンモデルをローダウン化するのかというと、主に車高調整可能なサスペンションで行います。

ローダウン化に成功すると、ワゴンモデルでは考えられないような旋回性能を得られますし、人によっては、横転防止のフレームも取り入れて、横転してしまう可能性を減らしている人もいるのです。

車高を変えるとデメリットも発生する

車高の注意点となりますが、ローダウンと呼ばれている車高調整は、メリットだけでなくデメリットもあります。

具体的なデメリットでは、サスペンションと上手く連動しなくなるというデメリットがあります。
サスペンションはデコボコな道を走る際に、少しでも小さな振動で済むように、衝撃を肩代わりする目的で装着されているのですが、ローダウンによって機能性が失われてしまうこともあるのですよね。

その他のデメリットでは、違法な車両として検挙される可能性が出てきます。
ローダウンは好きなだけ行っても良い・・・というものではなく、正確には、最低地上高90mmを確保しないといけないというルールがあります。

そのため、個人で勝手にローダウンを行ってしまうと、違法な車高のまま自動車を運転してしまうリスクが発生するのです。
このような行為は違法改造として検挙されるのですが、ローダウン以外では、社外マフラーの装着によっても、同様に検挙されることがあるため、車高調整を行う際は、違法性について考慮して行ったほうが良いでしょうね。

このようなことを守ってローダウンできるようになると、見た目が格好良くなるだけでなく、自動車の機能性そのものも向上するようになります。