1. >
  2. >
  3. タイヤを日常的にチェックする際のポイント

タイヤを日常的にチェックする際のポイント

タイヤ

走行性能に大きく関わってくる

タイヤを点検する重要性ですが、以下のような大きな役割があるため、定期的にタイヤの点検を行っておいたほうが良いでしょう。

タイヤを点検する重要性その1は、安定した走りを実現するために必要とされています。
自動車には燃費性能だけでなく、走行性能というものも存在するのですが、基本的にタイヤスペックが良い場合に限り、これらの性能を発揮できるようになっています。

タイヤの空気圧、ゴム部分の劣化が見られる場合、いきなりパンクするといったトラブルが起きてしまうこともあるので注意してくださいね。
タイヤを点検する重要性その2は、高速走行時の安定性を高める目的があります。

走行性能と似ていますが、点検をしていないタイヤの場合、高速道路を走行している際に、いきなりタイヤの辺りから異音が発生することがあるのです。
これはタイヤの付近に取り付けられているサスペンション、アームなどから異音が発生しているという状況で、タイヤが正常でない場合、自動車部品に大きなダメージを与えてしまうのですよ。

全3点をしっかりとチェックする

タイヤのチェックすべき項目は、以下のような3点が重要とされていますので、しっかりとチェックしておいたほうが良いでしょうね。

チェックすべき項目その1は空気圧です。
しっかりチェックしていない場合は、自動車が真っ直ぐ走れなくなる、燃費性能が下がってしまうこともあります。

空気圧チェックは、ガソリンスタンドで行えるようになっていますし、ガソリンスタンドによっては無料でチェックしてくれることが多いのです。
チェックすべき項目その2は残り溝です。
残り溝についてはスリップサインが出ていないかをチェックして、出ているようであれば新しいタイヤに交換したほうが良いでしょうね。

チェックすべき項目その3は、タイヤの偏摩耗の確認です。
中古のタイヤを履いている場合、タイヤの偏摩耗の問題が起きやすく、タイヤの端の方ばかりが擦り切れているような見た目になりやすいです。

この問題を放置されていると、いきなりパンクすることもありますので、タイヤ交換を事前に行っておいたほうが良いでしょう。
偏摩耗はタイヤの空気圧チェックミスでも起きますので、空気圧チェックを定期的に行っているだけでも、偏摩耗の可能性を小さくすることが可能なんですよね。

その他のチェック項目として、タイヤに小さな釘などが刺さっていないかをチェックするようにしましょう。
釘というのは小さなものであっても、タイヤの空気圧を下げてしまうことがありますし、タイヤのホイールに刺さってしまうこともあるので、早めに抜いておいたほうが良いです。

その後はタイヤのゴム部分から、空気が漏れる音が聞こえていないかもチェックしましょうね。