1. >
  2. >
  3. ドライブレコーダー選びの基本を解説いたします

ドライブレコーダー選びの基本を解説いたします

ドライブレコーダー

今では人気急上昇のドライブレコーダー

自動車運転中のトラブルを軽減する目的で、ドライブレコーダーを搭載している自動車が増えてきました。

ドライブレコーダーは昔からトラックなどで搭載されていたものなのですが、今では、ニュース番組で煽り運転、老人の自動車事故を目にすることが増えているため、個人的に所有している自動車に対して、ドライブレコーダーを搭載する人が増えてきたのです。
ドライブレコーダーは、自動車の前後に搭載することによって、ビデオカメラのように自動車の周辺で起きていることを録画します。

ドライブレコーダーの選び方のポイントですが、以下のようなポイントを抑えて選ぶようにしましょうね。
まず画角がしっかりとしているものを購入します。

ドライブレコーダーの画角は最低でも100度以上が目安とされているので、安いドライブレコーダーを購入してしまうと、画角が狭いものを購入してしまうことがあります。
なぜ画角が必要なのかというと、それは、横から近寄ってくる人物、車両の映像を記録しづらいからです。

ドライブレコーダーの選び方その2ですが、解像度は最低でも200万画素が良いとされています。
一時期は100万画素でも足りている・・・と言われていたのですが、今では、HD、200万画素の性能を持っているドライブレコーダーが増えているので、100万画素のものは減ってきていると思って問題ありません。

ドライブレコーダーの選び方その3ですが、必ず常時録画機能、衝撃感知機能が付いているものを選ぶようにしましょうね。
ドライブレコーダーの中でも特に優れている機能なのですが、こちらの機能が搭載されているドライブレコーダーであれば、走行中は常に記録する、衝撃を感知すると別途で記録することを、スイッチのオンオフ無しで行えるようになるのです。

事故はいつ起こるかわからないので、このような機能にも目を光らせたほうが良いでしょうね。

ドライブレコーダーはメリットが多い

メリット、デメリットについてですが、ドライブレコーダーのデメリットは、搭載しないと効果が無い、価格が2万円以上と安くないというデメリットがある程度で、その他はメリットだらけとなっているのですよ。

ドライブレコーダーの主なメリットですが、それは、事故の際に状況証拠として活用する事が可能ですし、事故調査においても立場を優位にすることができます。
また、ハッキリと誰が悪いのかわかるため、自動車保険料が上がりにくくなるというメリットもあります。

その他のメリットは、ドライブレコーダーを搭載していると、煽り運転の被害を受ける可能性が少なくなります。
煽り運転を行う悪質ドライバーは、ドライブレコーダーに気を払っていることが多いので、近年では、このようなメリットのために、ドライブレコーダーを購入する人が増えてきました。