1. >
  2. >
  3. 車にも適正温度はあるのか?

車にも適正温度はあるのか?

太陽と車

車の適性気温は存在する

今では自動車のメーター計が、アナログからデジタルへと変わっています。

そんな影響を受けているものの中に、エアコンの温度設定もあるのですが、車の適正気温を意識して使用する場合は、24度を意識して使用するようにしたほうが良いでしょうね。
その理由ですが、しっかりとしたエアコンの温度設定になっていないと、以下のような損失が発生してしまうからです。

車の適正温度についてですが、絶対にこのような温度にしないといけない・・・、という決まりはありませんので、気温が30度以上という暑さの場合は、24度を下回る温度でも問題ありません。
ですが、常に車の中を冷やしすぎていると、ウィンドウガラスが曇りやすくなる、そして、エアコンが過剰に動作している状態では、自動車のエンジン出力が下がってしまうのです。

このような性質があるので、スポーツカーをスペック通りで走らせる際は、カーエアコンを外したほうが良いと言われているのですよね。
ちなみに、クールビズを意識して28度設定にする必要はありません。

車内は密閉されている状態に近いので、すぐに車内は暑くなってしまいますし、少し強めにエアコンを使用しないと、エアコンの温度設定で車の適正温度を維持することは難しいでしょう。

カーエアコン使用時の注意点

車の適正温度を意識して車内を冷やす場合は、以下のことを理解して冷やすことも大事ですよ。

まずキンキンに冷やすという行為は良くありません。
カーエアコンには、強烈に冷やすだけの能力があるのですが、これはコンプレッサーの稼働率を無闇に高めているだけです。

室内用エアコンと同じで、カーエアコンも稼働率が上がってしまうと、エアコンとしての寿命が短くなってしまうので、過度に使用するのは良くありません。
そして、マニュアルモードよりもオートモードを使用するようにしましょうね。

その理由ですが、オートモードであれば断続的に自動で風量調整を行ってくれるからです。
これにより体を冷やしすぎる問題を回避できますし、なによりエアコンの温度設定のバランスが良いと、車が適正温度を保つのも難しくありません。

またミニバンやSUVのように、多人数で車を使用されている場合は、マニュアルモードで手前のみ冷やすというのは良くありません。
この方法では想像以上に全体が冷えない状態となってしまうので、どのような温度設定、モードが良いのか、乗員すべてに聞くようにしたほうが、トラブルも無く車内を冷やすことが可能となります。

それと、コンビニなどで自動車を降りるケースでは、エアコンを止めたほうが良いです。
つけたままにしていると、急に不調になる、外気を取り入れてしまい、嫌な臭いなどが室内に流れ込んでくることもあります。